選び方

 

フローリング選びは重要

日本人はかつては畳の間で暮らしていましたが、今や日本の住宅でもフローリングが当たり前になっています。

家を建てるときやリフォームするときには、フローリング選びが欠かせません。
フローリングは部屋の快適さや見た目を大きく左右しますから、落ち着いて暮らすためにはどんなものを選んだら良いかしっかり検討しなければなりません。
フローリング選びのコツを知っておき、ライフスタイルや好みにあったものを選びましょう。

フローリングの種類には、大きく分けて複合フローリングと無垢フローリングがあります。複合フローリングは、合板などの上に天然木の化粧単板を貼った床材です。

 

無垢フローリングとは、無垢材や集成材を使ったフローリングで、木そのものを床材にしたものです。
無垢フローリングは単層フローリングとも言います。

メリットとデメリットを考慮して選ぶ

複合フローリングは、耐摩耗性や耐水性に優れており、床暖房にも対応可能です。

リビングというのはキズがつきやすいですから、複合フローリングの方が手入れがしやすいと言えます。
ただし、複合フローリングではホルムアルデヒドの含まれた接着剤が使われていることがあり、シックハウス症候群の心配があります。

一方、無垢フローリングは天然素材なので、シックハウスの心配はありません。
天然木ならではの風合いがあり、落ち着いた部屋を作ることができます。無垢フローリングにはキズがつきやすく、反りやすいなどの欠点もありますから、メリットとデメリットを考慮して選びましょう。

フローリング選びの際には、色にもこだわりましょう。
今ついているドアや家具に合う色を選ぶのがいちばんです。フローリングにもダークカラーのものとライトカラーのものがありますが、どちらを選ぶかによってお部屋のイメージも大きく変わってきます。

どんなお部屋にしたいかを考え、リフォーム業者と相談しながらピッタリのものを選ぶようにしましょう。